欧州為替:ドル・円は戻りが鈍い、材料難で買い限定的

欧州市場でドル・円は戻りが鈍く、足元は138円90銭台で推移する。午前中に一時139円05銭まで値を上げたが、その後は失速。足元で米10年債利回りが上昇したものの、足元で発表されたPMIなど経済指標が低調な内容となり、ドル買いは限定的のようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円55銭から138円95銭、ユーロ・円は144円43銭から144円77銭、ユーロ・ドルは1.0407ドルから1.0428ドル。

《TY》

提供:フィスコ