欧州為替:ドル・円は変わらず、円買い介入に警戒も

欧州市場でドル・円は145円10銭台と、変わらずの値動き。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め加速への思惑で、金利先高観を背景にドル買いが入りやすい。ただ、145円台は日本の円買い介入が警戒され、ドルの目先の上昇は限定的とみられている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円94銭から145円21銭、ユーロ・円は141円54銭から142円46銭、ユーロ・ドルは0.9752ドルから0.9827ドル。

《TY》

提供:フィスコ