NYプラチナは1000ドルを目指そう サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、プラチナについてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、『NYプラチナは1000ドルを目指そう』と述べています。

続けて、『プラチナ(白金)相場が上昇している。NYプラチナは11日、一時974.6ドルと2カ月ぶりの高値をつけた。年初来安値の7月14日の806.7ドルと比較して、およそ21%上昇している。安値から2割以上の上げ幅となったことで、底入れしたと見ていいだろう。CFTC建玉によると、ファンドは7週ぶりに買い越しとなった』と伝えています。

陳さんは、NYプラチナについて、『7月米雇用統計が予想以上に良好な内容だったことから過度の景気悪化懸念が後退し、産業用需要の多いプラチナが割安感もあって買われたのだろう。日欧米株も反発基調で推移していることから、投資家心理が改善し、消費者による自動車などの購買意欲が回復するとの見方から買いが優勢となったようだ。NYプラチナはいずれ1000ドルの大台に上昇すると予想する』と考察しています。

また、『プラチナは主にディーゼル車などの排ガス浄化触媒に使われるが、価格水準の高いパラジウム(ガソリン車向けの排ガス浄化触媒)の代替品としても注目されている』と言及しています。

さらに、『白金鉱山大手のアングロ・アメリカン・プラチナム(アムプラッツ)は、パラジウム主要生産国ロシアからの供給減少懸念や自動車各社のコスト削減を背景に、代替としてプラチナを使用する動きが広がるとの見方を示した』とし、『同社は、最大100万オンス(およそ31トン)のパラジウムがプラチナに置き換わるとの見通しを示した。昨年は約7万5000オンス(およそ2.3トン)の代用が進んだと推定。今年は20万オンス(およそ6.2トン)が置き換わると予測しているという』と伝えています。

参考にしてみてくださいね。
上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の8月17日付「NYプラチナは1000ドルを目指そう」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜

《FA》

提供:フィスコ